毛の仕組みを知って脱毛サロン!

女性たちがあこがれるという脱毛サロン。

 

毎日ムダ毛処理をするのは面倒だけど、要らなくなると話題を集めている美容術です。

 

でも、人気が高まってる光脱毛だけどサロンに行く前に、このページを開いてる皆様は自分に生えてる毛の仕組みや構造について知っていますか?

 

脱毛のためのサロンに行く前にまずもって自分の体に生えている毛について知るのはすっごく大切なポイントです。

 

そういう知識をわかっているかわかっていないかでサロンに行ったときわからない!ってことも質問できます。

 

でも、実際には自分の体の毛の仕組みや構造についてわかってて脱毛サロンを選んでいらっしゃる方は案外少ないのでは。

 

なので、ここのページではそれぞれに生えている体毛ってどんな仕組みなのか、どんな構造なのかまとめました。

 

 

毛根の部分

最初に毛の作りについてまとめました。

 

皆様を生えてきている体毛はお肌の部分からとこを「毛幹」肌の奥にあるところを「毛根」と呼んでいます。

 

さらに深く、毛根の根っこのところ毛根部に続いているふくらみのある部分を「毛球」って呼びます。先には「毛乳頭」というところがあります。

 

ここには毛乳頭と呼ばれるパーツには毛細血管を通して栄養を吸い上げて体毛を長くする役目があります。

 

というわけで、体の毛が長くなるために毛の奥その奥のいっちばん奥の毛球の先端の毛乳頭が負っているのです。

 

以上の事から剃刀などで毛幹の部分を剃毛してもこの毛乳頭と呼ばれているところがあったら体毛は元にもどります。

 

そんでもってこの毛乳頭は「毛母細胞」と呼ばれるパーツが製造しています。

 

以上の事から、毛抜きなどで抜毛して毛乳頭を除去しても体内の毛母細胞がのこっちゃうと

 

次に活動する毛乳頭が出来ちゃうのでまた体毛が伸びてきます。

 

 

毛が生える仕組みと周期

体毛は本来伸びる、抜ける、多少休みを置いてまた生えてくるを定まった成長パターンを繰り返します。

 

毛が成長する時は細い血管を伝って毛乳頭めがけて養分が送ってこられて毛母細胞と呼ばれるところまで届けられます。

 

そっから毛母細胞のパーツの細胞分裂が活発に分裂して毛球が作られるのです。

 

こうした流れで次に毛母細胞がこのように出来てきてついには毛となって見えちゃうとこまでがっつりと成長していまうのです。

 

次に毛が長くなるスピードは体毛ごとに違うんだ。

 

毛髪は速く伸びて24時間で0.3〜0.4mmくらい長くなります。

 

また、ワキの毛も成長スピードが速く1日0.3mmのペースで長くなるのです。

 

ついでに言うと眉毛とかまつ毛とかは長くなりにくくなり24時間で0.18mmほどです。

 

以上説明したようにひとくちに体に生えている毛といっても成長スピードは変わります。

 

 

毛にはどんな周期があるのか

ついでに今からさっき言った毛の周期とは何か簡単にですが詳細をお話しします。

 

初めの所で伸びる、抜けるまた伸びるを巡回していると書きました。

 

丁寧に言うと体に生えている毛は休止期と成長期と退行期っていう新しく生え変わってくるための3種類の期間が存在するんだ。

 

休止期の毛はお肌の下の見えないところで毛が長くなるための休みの期間です。成長期で必要な栄養分を得ながらどんどん長くなります。

 

退行期になると毛乳頭とムダ毛が結合が弱くなり抜けてしまう時期をいいます。

 

というわけで、長くなる時期の体毛を抜いてみてもお肌の奥のわからないところにその後生えようとする体毛が待っています。

 

このような理由でがんばって抜毛したつもりでも眠っていた後から伸びようと待っていた毛が成長してきてきます。

 

さらには体の見えているのは全部の1/3くらいでしかです。

 

さらにこれ以上に毛周期はそれぞれ毛がある場所ごとにちょっとずつ変化してきます。

 

体の中で中でも抜け落ちるまでの周期が長くなっているのは頭部の毛で成長する時期は4年近くあって抜ける時がくるといつの間にか抜け落ちます。

 

しかも頭部の髪の毛は50本が1日で自然に抜けていくとも言われています。加えるとフェイスとボディだと顔の方が短いと言われてます。

 

フェイス部分の毛が2カ月ほどの毛周期で体のとこの毛はその多くの毛周期が4カ月くらいなんだ。

 

それだから体の毛を一緒に処理しても顔に生えている毛が先に目立ってきます。

 

 

毛の役割って何?

ムダ毛って言ってるけど、実は、そのムダ毛にもちゃんとした目的があるんだ。理由をまとめました。

 

人間の毛は1.皮膚の保護機能2.保温・断熱機能3.感覚機能4.紫外線防止機能の4つの機能があります。

 

まず、皮膚の保護機能

 

物理的な接触から皮膚を保護する役割のことを指しています。

 

例を挙げると、毛髪は頭を守り、ワキは脇毛で摩擦から守られていることがということです。

 

次に、保温・断熱機能です。

 

寒気から寒いのから守ってくれて対して暑い時は光をカット機能を言います。

 

さらに、感覚機能です。

 

ふだんは考えないかと思いますが、体毛には触覚を察知する機能があります。

 

体毛を処理すると、感知機能がわずかではありますが弱くなるという言われています。

 

最後に、紫外線防止機能です。

 

私たちの体毛には日光から出ている紫外線からカットする目的もあります。

 

以上お伝えしたようにムダ毛と呼んでいても、ちゃんと意義があります。

 

 

知識を持ってサロン選びを

以上、体毛についてでした。

 

体の毛のことやムダ毛の仕組みについてわかっていただけましたか?

 

毛についての知識を持っていれば光脱毛の通うのにどのくらいの期間が適切なのか納得しやすくなり、

 

お店を選ぶときにきちん役立つことうけあいでしょう。

関連ページ

自己処理より脱毛サロンが断然おすすめ
自己処理より脱毛サロンが断然いいです。費用が掛かるなどのデメリットはありますが、その分メリットの方が圧倒的に多いです。自己処理が不要・肌自体もキレイになる・美的意識が強くなるなど自己処理より脱毛サロンでの脱毛が断然いいです。
1回で脱毛が終わらないその理由とは?
1回で脱毛が終わらないその理由とはどのような理由があるのかをお教え致します。主な要因は毛周期が大きく関係しています。さらに、脱毛サロンによって施術回数は違い、それは施術するマシンの性能がサロンごとに違うからです。脱毛が1回で終わらないその理由が分からない方は是非ご覧ください。